アオサ海苔乾燥機
食品乾燥機の黒田工業にようこそ!
食品乾燥機 利用例
リーダー食品乾燥機
ご利用の実例(5)

アオサ海苔乾燥機
当社のリーダー食品乾燥機は魚乾燥機・シーフード乾燥機・干物乾燥機としても、プロの生産者の皆さまにご利用いただいています

ここでは、
アオサ海苔乾燥機としてご使用いただいている事例をご紹介します。

ご利用例|5|


▲生のアオサ(一重草・ヒトエグサ)
アオサの乾燥
食品
アオサは磯の香りがしてとても美味しいですね。本名はヒトエグサ(一重草)と言いますが、一般には「あおさ」「あおさのり」「あおのり」と呼ばれています。

三重県はアオサの大生産地で、全国生産量1000tのうちの70%を占めています。

当社のリーダー食品乾燥機はアオサ海苔乾燥機として、三重県の生産地で大活躍しています。

アオサは養殖で作ります。初秋の頃に波の静かな河口付近などに採苗用の海苔網を張巡らし、種を成長させます。2月上旬頃から成長して出来たアオサを採取します。

アオサの採取時期に、本場、三重県志摩市の生産現場を見学することができました。志摩市鵜方町のI さんはご夫婦で、良質なアオサ作りに一所懸命励まれています。左画像がI さんのアオサ養殖場です。
こちらではアオサの乾燥工程をご紹介をします。(全工程は、志摩市あおさプロジェクトつみ取りから出荷までをご参考に)

海苔網から摘み取ったアオサは、海水でよく洗浄し、脱水機にかけて水分を絞ります。


捌き機で固まっているアオサをよくほぐしながら、セイロ(乾燥用トレー)に並べます。


≪作業場の風景。
アオサ乾燥機として、定評のあるリーダー食品乾燥機が2台(ST-60AとST-30A)設置してありました。誠にありがとうございます。


アオサを載せたセイロ(トレー)を乾燥室の棚に下段から差し込んでいきます。

リーダー食品乾燥機ST-60Aはトレーを各室に30枚、合計60枚収容できます。



乾燥機を使って乾燥させると、品質のよい青さ海苔が出来上がります。
乾燥したアオサノリ。10Kg単位に箱詰めします。




≪画像左下
I さんご夫妻が心をこめて作ったアオサノリ。色と香りがとてもよく、良品に仕上がっています。志摩市、自慢の特産品です。

アオサ生産者のI さま、取材にご協力いただき厚くお礼申しあげます。


●志摩市特産のアオサについて
「あおさ」は真珠のふるさととして有名な英虞湾や、的矢かきで有名な的矢湾で養殖されている、志摩市を代表する水産物のひとつです。 味噌汁の具や、天ぷらにして食べると、磯の香りが何ともいえない「あおさ」ですが、食物繊維が豊富でカロリーも低い、いわゆる健康食品で脱メタボリックにも最適かも知れません。(志摩市あおさプロジェクト・市長のメッセージより引用

▲ページトップに戻る▲
| HOME | 製品案内乾燥機?会社案内お問合せENGLISH
黒田工業株式会社・広島県福山市・TEL084-954-0246