乾燥炉・焼鈍炉(産業用乾燥機の事例)

  • 産業用乾燥機は、お客さまのご要望に応じて設計製作するオーダーメイド乾燥機です。
  • このページでは産業用用乾燥機の中で「乾燥炉・焼鈍炉」の実例をご紹介しています。

 樹脂シート電気乾燥機(工業用乾燥機)

用途と特長
用途:樹脂シート成型前の予備乾燥。(プラスチックは放置しておくと、大気中の水分を0.15~0.3%吸湿します。乾燥機で成型前にこの吸湿率を0.015%~0.02%に下げておくと、成型不良を防ぐことができます)
特長:電気式の樹脂シート乾燥機です。
主な仕様
熱源=電気フィンヒーター(40KW) 想定乾燥温度=100℃ 最大加温能力=80℃
送風機=ターボファン(0.4KW*2) インバーター制御 デジタル式タイマー付
乾燥室=2000*2000*1630
乾燥機の画像と説明
▲設置状況▲乾燥機外観▲乾燥室内部

 樹脂用焼鈍炉(工業用乾燥機)

用途と特長
用途:プラスチックのアニール処理。
特長:樹脂用焼鈍炉(工業用高温乾燥機)
主な仕様
熱風発生装置:直火式吸引型 乾燥室:吹上式
送風機:0.4Kwシロッコファン*2 熱源: オイルバーナー
使用温度:室温~200℃
乾燥機の画像と説明
▲納入直前の焼鈍炉外観▲ドアを開いたところ。(耐熱塗装)

 セラミック乾燥炉(工業用乾燥機)

用途と特長
用途:セラミック乾燥(セラミック乾燥炉)
特長:大型の熱風循環式乾燥炉(3段棚式)
主な仕様
最高使用温度300℃ 
【外形寸法】4200*3460*3810(L*W*H)
【熱源】ガス直火式LPGバーナー 268KW 比例制御式
【送風機】マイルドファン 1.5KW/3相200V 耐熱仕様
【制御】デジタルプログラム調節説明項目2が入ります。
乾燥機の画像と説明
▲乾燥炉外観。上部に熱風発生装置がある。▲乾燥炉内部(3段棚)▲(左)デジタルプログラム調節計(右)比例制御式LPGバーナー

 バッジ式鋳型乾燥炉(工業用乾燥機)

用途と特長
バッジ式の鋳型乾燥炉です。鋳型を載せるパレット(下写真)を3台収容できます。
主な仕様
【方式】並行流循環式熱風乾燥機
【外形寸法】2040*3250:2850【乾燥室内寸】1230*3100*1525
【熱源】LPG直火式 ガスバーナー :116KW 【送風機】耐熱型シロッコファン1.5KW
【使用温度】140~180℃
乾燥機の画像と説明
▲斜め上から見た乾燥機外観。天井部に熱風発生装置を据付けています。▲乾燥室の正面からみた外観。左側面にバーナー、乾燥制御盤などが見えます。▲乾燥室内部。右側面全体(パンチングメタル)から熱風が吹出し、左側面から吸引します。底面にパレット移動用のローラーが見えます▲内製のパレット(1010*1010*1160)。乾燥室に3台収容できます。

 昇降式鋳型乾燥炉(工業用乾燥機)

用途と特長
用途:鋳型の乾燥
特長:工業用昇降式乾燥炉です。乾燥炉はお椀を伏せたような構造で、上部からコンベア上の乾燥物に熱風を吹きつけます。乾燥物の出し入れは乾燥炉を上げ下げすることにより行います。
主な仕様
乾燥炉:2台(一次用、2次用)熱源:重油バーナー。
昇降装置:ホイスト4基×2
コンベア:ローラー駆動式
使用温度:200℃(一次)100℃(二次)
乾燥機の画像と説明
▲乾燥炉を上げたところ。 ▲乾燥炉を下げ、乾燥中のところ。

 トンネル式鋳型乾燥炉(工業用乾燥機)

用途と特長
用途:鋳造用砂型の乾燥
特長:工業用トンネル式乾燥機。トンネル式は連続乾燥ができ、生産ラインに組み込める利点があります。
主な仕様
熱源:重油バーナー。
熱風発生装置:コンベア上部にレイアウト
乾燥機の画像と説明
▲2号機▲1号機

 スチロール鋳型乾燥炉(工業用乾燥機)

用途と特長
発砲スチロール鋳型乾燥用の熱風発生装置。乾燥室は内製です。
主な仕様
型式:直火式熱風発生装置(2機1セット)
使用温度:60℃以下
熱源:ガスバーナー 送風機:シロッコファン3#
乾燥機の画像と説明
▲工場内に設置された熱風発生装置。2機の熱風発生装置から乾燥室に熱風を送り込みます▲乾燥室の室内側からみた写真。熱風発生装置の吹出口(分散装置)が見えています。乾燥室の入口にはシャッターが取付く予定。