棚式通風乾燥機
平型乾燥機・コンベア式乾燥機
熱風乾燥機のしくみ
熱風乾燥機のしくみ

■棚式通風乾燥機のしくみ
乾燥機で、どのように乾燥できるのか、リーダー食品乾燥機ST-30Aを例にして棚式通風型乾燥機のしくみをご説明します。(画像:右)

平型乾燥機のしくみ
コンベア式乾燥機のしくみ

1)トレーに乾燥物を並べる。
乾燥する材料を網目のトレー(画像:上段右)に並べます。このトレーは乾燥室の2列×15段の棚に30枚、収容できます。トレーのサイズは120cm×60cmです。

2)トレイ収容。
このトレーを乾燥室の棚に並べます。トレイが少ない時は左右の棚に均等に並べます。


3)乾燥開始
熱風発生装置から乾燥室下部に送りこまれた熱風は、下段のトレーから上段のトレーに吹き上げます。(そのときの熱と風で、トレー上の材料の水分を蒸発させます。)(画像:中段)

4)乾燥初期段階〔恒率期)
初期は材料から蒸発する水分で湿度が高いので、天井のシャッターから排気します。(開放状態)(画像:中段)

5)乾燥中期段階(減率期)
中期からは排気シャッターを半分閉め、内部の空気を半循環させます。燃料を節約すると同時に、上下段の乾燥程度を均すためです。(半循環状態)


6)乾燥後期段階
後期からは排気シャッターを閉め、内部で空気を循環させます。(循環状態)(画像:下段)

7)乾燥終了。
乾燥時間はタイマーで設定できます。


8)トレー搬出。
製品収容

■熱交換器のしくみ


当社の標準製品の場合、熱風を作る熱源には,バーナーを使います。


熱風は熱風発生装置内部にある、効率の高い熱交換器と送風機で作ります。

  1. バーナーの高温燃焼ガスは、熱交換器内部を熱しながら低温になり、煙突からだけ屋外に排出されます。(ガスが熱交換機の外部に漏れることはありません)
  2. 高温になった熱交換器外部に、送風機で強風を吹きつけ、熱風となります。
  3. こうしてクリーンな熱風が作り出されます。

右図は熱風発生の概念図です。


平型乾燥機のしくみ 平型乾燥機概念図

平型乾燥機(ひら乾)は熱風発生装置と乾燥箱から構成されます。(右図)

乾燥するもの(穀類など)を乾燥箱に平らになるようにして、投入します。熱風発生装置から乾燥室下部に送り込まれた熱風は、多孔板を通して
品物の間を通りぬけながら乾燥します。

堆積した品物を乾燥しますので、時々、攪拌する必要があります。また軽いものは乾燥後半になると、飛ぶ恐れもありますので、対策が必要です。
●実例は平型乾燥機をどうぞ 上図は平型乾燥機の基本構造を説明するためのものです。
実際の場合は、条件により個々に仕様が異なります。

コンベア式乾燥機のしくみ バンド式乾燥機概念図

多段式コンベア乾燥機(バンド乾燥機は熱風発生装置と内部にコンベア装置のある乾燥室、および循環装置から構成されます。(右図は3段式の例)


乾燥する製品は投入口から上段コンベアに均一になるよう投下されます

製品は上段、中段、下段のコンベア上を流れ、取出口より排出されます

この間、乾燥室には熱風発生装置からの乾燥した熱風が吹きつけられており、コンベア上の製品を乾燥します


熱風は、循環ダクトを通して熱風発生装置に戻すことができます
●実例はコンベア乾燥機をどうぞ 上図はコンベア乾燥機の基本構造を説明するためのものです。
実際の場合は、条件により個々に仕様が異なります。

▲ページトップに戻る▲
乾燥機のしくみ乾燥機の選び方乾燥の実例乾燥の要点
| HOME | 製品案内乾燥機?会社案内お問合せENGLISH
黒田工業株式会社・広島県福山市・TEL084-954-0246